「フットボールネーション」観賞用保存用布教用の3冊欲しい本

サッカーで一番重要な筋肉とは

 

蒼ハム君
サッカーで一番重要な筋肉はどこ?

こう聞かれて皆さんどういう答えが浮かんでくるでしょうか?

足の筋肉である大腿四頭筋!

ふくらはぎの腓腹筋!

いや、腹筋や背筋こそが至高!

 

そもそも筋肉のことなんてちゃんと考えたことがない……

 

様々な答えが出てくるでしょう。

ぼくが得た答えはずばり大腰筋です。

 

大腰筋とは

大腰筋とはざっくり言えば腰にある大きな筋肉です。

この筋肉は伸張性収縮という輪ゴムのような収縮をします。

 

太ももの前側にある大腿四頭筋の対となる裏側にあるハムストリングスに引っ張られることで、大腰筋を上手く扱えるようになり、背中の腰椎と足を連動させた機敏な動きが可能となります。

 

ハムストリングスという筋肉はサッカーに限らず足を動かして移動する動作全般で重要です。

→バスケ、テニス、陸上競技、登山、バレーボール、卓球、野球の走塁etc……

 

こちらの記事で大腰筋が使えているか判断できます
↓       ↓       ↓

正しい歩き方でウォーキング効果UP!大腰筋で歩幅も↑
大腰筋を上手く使えている歩幅が広く腰から足が動く正しい歩き方とは?動画を見て一目瞭然!

 

私が大腰筋を知ったきっかけ

ぼくが大腰筋という筋肉を知ったきっかけは

漫画「フットボールネーション」です。

 

ぼくが当時高校2年生の10月頃にインターネットで無料試し読みが行われていたことが出会ったきっかけです。

この漫画は作者の大武ミキさんが運動科学者の高岡英夫さんと協力して描かれているサッカー漫画になります。

 

現在では10冊以上も発売され多くのJリーガー、元日本代表の選手からも称賛され、川崎フロンターレの選手やガンバ大阪の選手にも帯コメントが寄せられているほどです。

 

これだけでも只者ではない漫画ということが自明の理であると思います

 

フットボールネーションの真価とは

しかし、ぼくが思うこの本のもっとも素晴らしい点は

書かれている内容がプロ選手のようなレベルの高い選手にとどまらずアマチュア選手、さらにはサッカーをしていない人までにもおすすめできるという点です

 

プロ選手も目から鱗が落ちるという内容ですが、ぼくとしてはそうでない選手あるいは運動を日常的にはしていないという人にむしろ読んでもらいたいです

特に1巻と2巻はサッカーをしてない人でも凄くためになる内容になっています

 

ぼく個人としては背筋が曲がってしまったお年寄りの方や運動は苦手だし歩くことも嫌い!というような人にも一読してみてほしいです