ウォーキングを得意にしてダイエットを成功させよう!

はじめに

 

いきなりですがダイエットを失敗する原因って何だと思いますか?

蒼ハム君
途中で挫折しちゃうからかな?

ではなぜ続かないのでしょうか?

ダイエットが続かない訳

ダイエットが続かない原因は特に運動が続かないことではないでしょうか?

よく食べる量を制限することがダイエットのように言われていますが

もともとダイエットをする必要が無い人たちは常日頃から食事の量を制限していると思いますか?

 

ぼくが思うには日常生活の活動量の差だと思います

ダイエットをする必要がある人の日常生活とは

ぼく自身少し経験したことですが、高校での部活動が終わってからは、当たり前のように毎日外に出歩いて過ごしていた機会が減り、室内で過ごすことが増えました。

 

するとどうでしょう、座っているにしろ、横になってくつろぐ態勢を取るにしろ歩く歩数自体高校時代と比べたらとても少なくなってしまいました。

そして家の中ですることというのは最近流行りのYouTubeをみたり、スマホをいじったりあるいはパソコンをいじったりというものに落ち着きがちです。

 

人間はそもそも動くものと書いて動物なのですから動かないとカロリーは消費されずに余ってしまいます。

 

動かないことが多ければ太ったとしてもしょうがないですよね?

蒼ハム君
自分は部活を引退してから受験勉強中に半年で10kg以上体重が増えました

 

ダイエットを成功させるには

ではダイエットを成功させるにはどうすればいいと思いますか?

 

答えは外に出て活動量を増やす!そしてそれを日常化するということです。

 

そんなこと言ったって日常化と言われても歩くことが嫌いだから無理!という方や、

歩くの疲れるからそんなに毎日歩いてなんかいたくないという方がいるかもしれません。

 

それなら歩くことを得意にしてしまえばいいのです。

歩くこと自体が得意であったり、好きな人という方たちはわざわざ家の中で毎日過ごしたいなどとは思っていないものです。

 

歩くことが得意な人たちは歩くフォームが歩くことが苦手な人たちより優れています

このため歩くことが苦になるどころかむしろ血流が良くなったりと元気になる効果を感じていらっしゃいます。

 

ぼくも歩きではないですがほぼ毎日ジョギング、ランニングを続けているのでよくほかのジョギングやウォーキングをしている人を目にしますが、

それが続いている人はたいてい歩きや走りで苦しいと感じているようには見えない人たちばかりです。

 

また、ぼくは一度富士山にソロで登頂したことがありましたが、多くの人は楽しむために登っておられるように見えました。登ることが苦ではない人たちが多いです。

 

 

正しい歩き方は既に記事として書いているので載せておきます

↓       ↓       ↓

正しい歩き方でウォーキング効果UP!大腰筋で歩幅も↑
大腰筋を上手く使えている歩幅が広く腰から足が動く正しい歩き方とは?動画を見て一目瞭然!
良い歩きへの第一歩!足指を使える靴知りたくないですか?
足の指の筋肉が接地時に働くようになるとハムストリングスが使いやすくなることをご存知でしょうか?

 

さいごに

世の中には自分が想像もできないような人たちがたくさんいます。

 

その中の一人としてぼくが驚いたのは、一日に2回富士登頂を毎年70日以上、200回/年も登っておられるという方です。

 

しかもすでに2000回を軽く超えているそうです。

 

70歳代にして五合目から山頂まで3時間、5合目に戻ってくるまで1時間という驚異のスピード。

 

ぼくもすこし余裕こいて小走り気味に登っていましたが山頂まで3時間でというのは小走りしていてもおかしくないペースなので70代というのは信じられないですね。

 

加えて1時間で下山というのは砂が深いルートなのかどうかが不明なのでわからないのですがじぶんは登りよりも時間がかかったくらいなのでとてもすごいです……