家の中でのボイトレで声を抑える方法

 

 今日はボイトレについて書こうと思います。

 今回は家の中でのボイトレがテーマなので、カラオケや、家の外での空き地でのトレーニングは考えないものとします。

 皆さんご存知の通りですが、ボイトレとはボイストレーニングの略ですので、声を鍛えるということになります。

 鍛えるということは筋力をアップさせるということになりますが、そのためには負荷をかける必要が出てきます。

 そのため、ボイストレーニングをするときは周りに気兼ねなく声を出せる環境が必要となってきます。

 なぜなら、近所迷惑を気にして小声でささやくだけで歌ったとしても、声を出すときに使う筋肉にかかる負荷は少なくなり、トレーニングの効果は十分には期待できないからです。

 そこで、自分が購入したボイトレ器具を紹介しようと思います。

 

 このボイトレ器具は声の大きさを70パーセントほど軽減してくれるそうです。

 また、それによって、自分にも聞こえにくくなる声を自分の耳にイヤホンを着ける要領でチューブを通して片耳ですが拾うことが出来ます。

 ある程度聞こえる音は曇ってしまいますが、大きな声を出して発声器官の筋肉である横隔膜等を鍛えることはできるため、ボイトレの目的を果たすことが出来るようになります。

 自分もこのボイトレ器具を購入しましたが、カラオケや、外の人気のない広い空間でボイトレができないときに使っています。

 ほかに防音手段として、防音ルームなる公衆電話の置いてあるような個室を購入することもできるそうですが、そちらは自分としては良くは知らないので下手には触れないでおこうと思います。興味があったら是非調べてみてください。

 

↓こちらもご参考ください。

「ながら」ボイストレーニング。時間が足りない人必読!
ボイストレーニングする暇がないという方必見!ほかの作業を「しながら」できるボイトレを紹介。
ボイトレで自分の声を録音して客観的に聴いていますか?
自分の声を録音したことがない人は自分の声を知らない?